188宝金博真人荷官-188金宝慱体育官网

ホーム > オーダーメイド制品 > オーダーメイド流れ
オーダーメイド流れ
Custom development process
 

 
 


見積りの問合せ

  電話または面談の形式で、基本的な需要を交流し、納期を予測、見積もりを提出し、秘密保持契約と合同を結ぶ。 。
   

製品検討

  業務員と技術はまず内部討論、特殊な情況があるかどうか、技術の難点があるかどうか、具体的な方案を出す。
   

方案確認

  図面に欠け、サイズに間違い、構造は合理的かどうか、図面は完全にそろっているかどうか、お客様と確認する。
   

金型設計

  設計部は先進的なコンピュータ支援システムに利用し、3Dソフトでプラスチック金型を設計、先進的なCAD/CAM/CAE-一体化の仕事モード、専門のモールドフロー、取引先のために精確な設計方案を提供することができる。
   

スペアパーツ、進捗管理

  弊社は安定したサプライヤールートを持っている、通常の材料は長期的に在庫があり、必要なペース、コア、銅の部品、金属部品などは倉庫管理者が用意する。
   

金型加工

  番号付け、A/B板加工、トープ板加工、ピン固定板加工、ペース板加工。
   

コア加工

  まず、コアのバリ取り、粗加工、フライス盤加工、仕上げ加工、CNC粗加工、熱処理、仕上げ加工、EDM加工、研磨。
   

材料加工

  購入した材料の細分加工、フライス盤加工:まずフライス盤ヘッドを修正し、0.02mm以内を維持、校正して固定、ネジ穴加工、トップホール、穿孔、嵌込針の沈殿口を粗加工、ブッシュあるいはフィス孔、分流の錐孔の面取りしてから水路を作り、R角作り。
   

電極加工

  コアをEDMマシンまたはCNCマシンに取り付け、位置を調整して固定したコア材料を加工する。
   

トライ

  組合せした金型に射出成形機に取付て製品をだす、成形条件調整、加圧、お客様の要求に合うかどうかを確認する。
   

サンプル確認

  すべての加工されたマペース、コア、金属部品などの合格と正確さを顧客に確認し、確認後サインする。
   

量産開始

  正式に生産管理部に注文を発行、量産プロセスを開始する。
   

塗装印刷

  お客様のご要望に応じて、印刷のところが必要を確認。
   

組立出荷

  最後、ロット出荷